慰謝料の相場

モラハラ 熟年離婚 財産分与

慰謝料の算定基準の相場が存在する

離婚の慰謝料の相場は、存在するようで存在していません。 しかし、算定基準といったものは、実際には知らないだけで昔からあります。
3段階に分けられた責任の重さおよび婚姻期間の長さによって作成された一覧表によると、およそ15段階が記されています。 それによると例えば1年未満の婚姻期間で、責任の重さが軽度だった場合は、これは100万円が算定基準とされています。

慰謝料の相場と教育資金などの大変さ

これを今から算定において重視される事情というものがあるわけです。 まずは離婚をするに至った主な原因や、または期間やその度合いです。 これは「浮気が確定的で長期間に渡っていた、よそに子供を作るなど日常的であった」等です。 世間的には不法行為の内容や頻度などを、ここでは今は意味的にも指しています。 そして、精神的苦痛の度合い、資産の状況や生活能力、社会的な地位や年収、婚姻期間等が算定の際に考慮されています。 とは言え、こういった結果的にはいくら婚姻年数が長くても起きることです。 このようにいくら相手が一方的に不法行為を働いていてもです。 一般的な家庭における慰謝料の相場は、多くても平均は400万円から何と500万円程度までのようです。

方法 調停 費用


離婚の慰謝料の相場はどれくらい?

慰謝料の相場は、実はあってないようなものなのです。 これは、例えば「浮気をした場合は、○○百万円」「暴力の場合は○○百万円」といった明確な規定が現状では法律にはないからです。
「離婚の慰謝料に相場はない?」
基本的に相場は、法律では決められていません。

離婚をする前に慰謝料の相場を確実に計算しておきましょう

そもそも、このお金というものは肉体的・精神的なダメージをお金に換算したものであるためです。 これが法律によって基準を作る事がここでは正確にはできないのです。 例えば同じ言葉を浴びせられても、全くダメージを受けない人もいれば、本当に辛く死にたいと思うほどの強烈なダメージを受けてしまう人もいます。 結果としてこのように、受け取り方や相手によって全く異なる結果がどうしても生まれるためなのです。 そのため慰謝料の相場と言われるものは、存在しているようで実は存在していないのです。 当たり前のことですがメジャーリーガーと結婚して贅沢な暮らしをしていた女性が、これから今後の生活に求める必要最低限のお金と一般人とでは大きな差があります。 これが常識の範囲内というのが一般的です。 しかし中にはここぞとばかりに文句や理由をつけて請求をすることもありますから、普段から言動や行動は気を付けなくてはいけません。

お金がない


近年では慰謝料なしの離婚が多い理由は

離婚=慰謝料というイメージが根強いかもしれませんが、実際の離婚ではなしというケースが少なくありません。 相場が高いことが理由に踏み切れない夫婦も多いのではないでしょうか。
原因の多くが「性格の不一致」である事からか、離原因を特定する事が非常に難しく、双方に落ち度があったという結論に達する事も多いためと言えます。

少しでも慰謝料を増やすために必要なことと相場とは

また、性格の不一致のような原因で離婚する場合、どちらか片方の責任ではなく双方に責任があったという事になる場合が多いため、互いに請求となる可能性が高いのです。 それならば面倒や手間だからはなし…というのが現実なのかもしれません。