調停 費用

方法 慰謝料の相場


離婚調停にかかる費用

離婚調停にかかるトータルの費用は、養育費を考慮すると決して高いものではありません。 調停での離婚を希望する場合、家庭裁判所に申し立てを行い、同時に所定の費用を支払う必要があります。 しかし裁判とは異なり、双方の話し合いによって解決の糸口を探るのが調停ですので、特別な法律の専門知識は必要ないのです。 必ず有料の弁護士を付ける必要もないのが一般的だからです。
調停で家庭裁判所に支払う費用は、「収入印紙代」と「連絡用の切手代」のみですので、通常は2,000円ちょっとで済みます(2015年4月現在)。
具体的には、収入印紙代が1,200円となっており、どの地方の家庭裁判所でも一律です。 そして連絡用切手代は裁判所によって異なり、例えば横浜の家庭裁判所のパターンの時には1,000円です。 しかし、これが北関東の群馬県の宇都宮の家庭裁判所では900円など、これには若干の違いがあります。 とは言え、このような価格を見てもどの裁判所の場合でもです。 そして、それほど大きな差はなく、たいていは相場は大凡1,000円前後です。 このように、協議離婚は双方の合意のもとに成立するという性質であるためです。 双方の意見に大きな食い違いがなく、共に承諾している場合には非常に有効かつスムーズな方法であるとも、今は言えます。

モラハラ


調停でその他に必要な費用は交通費

調停による離婚を希望する場合に必要な費用は、名目として他にもいくつかあります。 まずは、ここでは申し立て時に必要な戸籍謄本代です。これがなければ手続き自体が行えません。 最終的にはこういった管轄の役所へ行って必ずこれを入手します。
地方自治体の地域によって異なりますがおよそ500円前後と思っている以上に安価です。
他には家庭裁判所へ出向くための交通費、宿泊を伴うケースはホテルの宿泊代および食事代です。 これらは裁判の場合とは異なり、ここで晴れて正式に離婚が成立したからといっていずれか一方へ請求できるものではなく、こういった調停の結果に関わらず双方によるような自己負担となります。

市販で強力な睡眠薬

費用があれば有能な弁護士を付ける事もできる

協議による別姓の離婚ができず、やむなく第三者の介入を求める場合です。 それでも話し合いはまとまらずこじれるばかりという事も少なくありません。 また、面と向かって話し合いすらできない危険な事例もあります。 そのような場合には、別途で信頼できる交渉できる代理人を立てる事もやり方によっては考えることが可能です。 一般的には国家資格を有した弁護士が代理人となる事がほとんどですが、経費の問題などがいくつかあるためです。 これは素人の親族が代理人となる事もあります。 ただし、弁護士以外の人が代理人として出頭する時には、裁判所の許可が必要になります。 このように、法律の専門知識を持って離婚調停を有利に進めたいパターンなどには弁護士を付ける事もやり方によっては可能ですが、不安材料となるのがそのお金です。
弁護士費用は、依頼する弁護士や内容によって異なりますが、およそ20万円程度から50万円程度が相場のようです。
事前に、依頼するかどうかの相談を行う最初のケースには、30分につき5,000円から10,000円の間くらいですので、費用の件も含め、慎重に検討する必要があります。 面倒くさかったり時間や手間がかかることから軽率にしてしまう方もいます。 今後は信頼できる幅広い知識のあるパートナーの力を借りることはできません。 それをまた自分で道を独自に切り開いていく事をしていかなければいけないのです。

熟年離婚 財産分与 お金がない