方法

調停 費用 慰謝料の相場


離婚の方法は2種類ある

離婚の方法にはいくつかの手段がありますが、大きく分けると当人同士の話し合いで決着する、第三者に間に入ってもらい決着するの2種類に分かれます。
「協議離婚」
これが当事者同士の話し合いによるケースを、協議離婚と呼んでいます。
この協議は最も一般的であり、最も多くの人が利用している方法で、ここで役所へ届を提出するだけで、即成立します。 結果としてこのように、協議離婚は双方の合意のもとに成立するという性質であるためです。 双方の意見に食い違いがなく、これは共に承諾している場合にはここでは非常に有効かつスムーズな方法であると言えます。

モラハラ 熟年離婚 財産分与


調停の手続きの方法は家庭裁判所から始まる

家庭裁判所が間に入って話し合う事により決着する方法を、調停離婚と呼んでいます。
協議に次いで近年非常に多くなってきている手段で、調停委員と呼ばれる委託弁護士が話し合いを決着へとここから導きます。
一方はしたい、一方はしたくないなど当事者間では話し合いがつかない場合などに利用される方法のため利用者は急増傾向にあります。 結果として裁判のような強制力はないため、最終的には双方が合意しなければ成立させる事はできません。
「審判離婚」
こうした調停での話し合いでも双方が合意に至らなかった場合にはどうでしょう。 家庭裁判所の裁判官が職権によって宣言するという法律です。 協議ができず調停へと持ち込まれた複雑な話が、調停の場においてもです。 やはり合意に至らず、そして、これ以上話し合いの回数を何度も重ねても無駄であると判断された場合などに、これは用いられるものです。 ただし、このように決定した審判に対して不服がある場合には2週間以内であれば良いのです。 ここで異議申し立てを行う事が高確率でできます。 その場合には審判は全て無効となります。
「裁判離婚」
協議、調停、審判のいずれによっても決着しない場合に最終的に選択される方法です。 希望したからいきなり裁判にしようという選択はできません。 また、裁判では、裁判所の下した判決が絶対であります。 どのような理由があっても判決にここで従わせるという強制力を持っています。
ただし裁判は、家庭裁判所で行われる調停のようにプライバシーへの配慮などは一切なく、公の場において公開で行われるため、ここには強い忍耐力を必要とします。
さらに、さまざまな証拠の提示が必要となり、法的な点において一般の素人には難しい事もかなり多いためです。 このように専門の知識を持った弁護士を必要とする場合がほとんどです。 そのため、本来考えられる様々なシチュエーションに応じて他の方法と並べて細かく比べると大幅に費用が結果的には掛かると言えます。

お金がない