モラハラ

慰謝料の相場 熟年離婚 財産分与


モラハラによる離婚が増えています

モラハラによる離婚が、近年非常に増えていると言います。
比較的、男性から女性に対して行われる事が多いようです。 結果的に我慢しきれなくなった女性が話を切り出すという傾向があります。

モラハラで離婚をする夫婦が増えている理由

意味的にはモラルハラスメントの略で、精神的苦痛を与えるような嫌がらせの事を指しています。 これが例えば、敢えて無視して長時間口をきかない・嫌味など言葉による攻撃をする・家事をしないなどがその典型です。 また、暴力によって肉体的に傷つけたり、または家中の物を壊すなどの破壊的行動はとらず、精神的な妻への攻撃のみを行うのがモラハラの一つの特徴です。 これは、結果的には相手を傷つける事が目的なのではないのです。 つまり、これらは脅迫や威圧したり恐怖感を与えたりする事で「相手を支配する」事がここでの一番の目的だからです。

方法 調停 費用


モラハラを周囲の人間が信じてくれない

モラハラを理由に離婚したいと訴えても、周囲の人がそれを信じてくれない事があります。 これは、いわゆる意味は「外ヅラが良い」ためで、このような行為を行う人の特徴の一つでもあります。 家の中では威圧的で言葉による攻撃もひどいのですが、一歩外へ出れば信じられない程非常に温厚で優しいため、周囲は信用してくれないどころか疑っても居ないのです。 そのため、調停へ持ち込んだ場合でも、調停委員が信用してくれないという事が、これが実際に起こっているのです。
程度は結局はさまざまです。

細かなモラハラの内容を離婚するまでメモしておきましょう

そして些細なことで喧嘩をした際にしばらく無視される、とにかくこのように毎日言葉による攻撃を絶えず受け続けているのです。 または絶対にバカにした事しか言わない…程度にはさまざまなものがあります。 つまり無視や言葉の攻撃だけでなく、例えば自由に使えるようなお金を与えなかったりします。 また実家へ自由に行く事も許さないなど、自由を奪い取り束縛する事もモラハラと言われています。 また、その程度も、イヤな感じと思う程度の比較的軽度なものから、別れたい、または本当にリアルに死にたいとまで思ってしまうほどの重度なものまでさまざまです。

お金がない


決まったパターンがあるモラハラの特徴

モラハラには、決まったパターンが見られます。 威圧的で攻撃的な態度を取り、離婚したいとまで思わせたかと思えば急に優しくなったり、逆にそうかと思えば急に涙を見せたりする事もあります。
こうした行動を繰り返していくうちに、被害者は「全て自分のせいだ」と思うようになってしまうようです。

モラハラからの離婚は裁判も難しい?

また、機嫌を損ねてしまう事や無視される事を恐れ、顔色ばかりをうかがうようになってしまうのも被害者の特徴です。 こうして、今の自分の思っている事も言えず、別れたい事も言えず、ただただ従うのみになってしまう被害者は、世間で言う「モラハラを受けやすい人」なのかもしれません。